>

理想的な間取りはライフスタイルによって違います

子どもに合わせてリビングに工夫を

子どもが小さいうちは常に目を離せませんが、四六時中そばにいるのは難しいです。
別の事をしていてもすぐに目が届くような間取りにして、余裕を持って子どもを見守りたいものです。

リビングは、子どもが大人と一緒にのびのびと遊べるように広く取るのが望ましいです。
対面式のキッチンにすれば、ご飯支度をしていても子どもの様子がわかります。
収納も大きな家具は避け、備え付けにしたり扉がついているものにしたりするとさらにすっきりします。

あるいは子ども専用のスペースを設けて、おもちゃや絵本などをまとめて収納するのもよいでしょう。
子ども部屋で過ごすようになるまでの間は、そこで遊ばせておくと子どもの様子がわかります。
家族で使う場所なのでいつもきれいにするよう声をかければ、お片付けができる子に育ちます。

子ども部屋にはフレキシブルな対応

子どもが複数の場合や後から増える可能性があるなら、最初から部屋を用意すると融通が利きません。
子どもたちの状況に合わせた対応ができるような間取りを、あらかじめ考えておきましょう。

子どもたちは成長するにしたがい、自分だけのプライベートな空間を欲しがります。
可動式の間仕切りを設置すると、小さいときは広い空間で遊ばせてある程度の年齢で部屋を仕切れます。
カーテンなどで仕切るよりも個室感が増し、子どもたちも自立心が芽生えます。

あえて子ども部屋を狭い間取りにして、勉強などはリビングでさせるという手もあります。
リビングと子ども部屋を併設すると、すぐに声をかけに行くことができます。
家族のコミュニケーションと子どもたちの気持ちのバランスを取れるよう、よく相談してください。


この記事をシェアする