>

親世帯も子世帯も心地良く生活できる間取りは?

親しき仲こそプライベートを大切に

二世帯住宅は、完全同居・部分共用・完全分離の三タイプに分かれています。
それぞれの長所と短所を確認し、家族全員が納得できるスタイルを選んでください。

完全同居タイプは、家族団欒の時間は増えますがプライベートの時間が減ります。
各階で生活空間を仕切ることの多い部分共用タイプは、上の階の生活音などがしばしば問題になります。
干渉のない完全分離タイプは、家を二軒建てるのと同じなので費用が倍かかります。

どのタイプにするのかは、なぜ二世帯住宅にしたいのかによって違ってきます。
助け合えるし賑やかで楽しいと捉える人もいれば、夫婦の時間を重視したい人もいます。
仲良く長く暮らしていくための間取りを、家族全員でよく話し合いましょう。

共有スペースを上手に活用するには

完全同居や部分共用タイプの二世帯住宅は、二家族で住宅設備などを共有することになります。
全員がストレスなく使えるよう、共有スペースの利用は相談しておきましょう。

玄関だけを二つに分けると、それぞれ家族のお客様が来やすくなります。
キッチンは、それぞれの家族が使えるように流し台を二つ用意するという方法もあります。
リビングなら、畳部分とフローリング部分の床を半分ずつで和洋折衷にしても素敵です。

またトイレやお風呂などの水回りは、共有スペースの中でも特に気を遣う場所です。
住む階が分かれているなら、各階に設置すると気兼ねすることはありません。
洗濯や掃除も含め、当番制にしたり使う時間を決めたりすることで暮らしやすくなります。


この記事をシェアする